« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月29日 (土)

卒業講評会ピーク レポ

P1010001
3月は基礎が終る月なので
どんどん革装がしあがります
P1010002
丁度植村先生クラスも卒業なので
マルミズクラスメンバーと合同で
卒業講評会をやる事になりました
P1010003
午前は、作品を完成させました!
素敵ですね
P1010005
おさまったところ
P1010006
カリキュラムで完成していないものも終えて
午後に挑む…
P1010007
大人数だったので、見応えがありました。
Img_3442
これはミニチュアなのですが
Img_3443
カリキュラムで作った本のミニチュア版を
全て作ったんです
Img_3444
何でミニチュアかっていうと、
この子が読める様に…
無事完成して良かったね〜
卒業制作はそのひとらしさが凄く出るので
面白いです色々と話が聞けるので、
講評会は勉強になります。
P1010001_2
そして今週。
上級生作業。
P1010002_2
パンサメールが入荷したのですが、
これは磨かなければ使えません。
P1010003_2
レッスン中ずーーっと研いでました。
金属なので、砥石でひたすらコシコシ
途中から、水ヤスリでまたひたすらこしこし…
P1010005_2
写真だと分かりにくいですネ
でも、ざらざらからつるっつるになりました。
やった〜〜これで使えます!^^
P1010006_2
丸背レッスンの方もいました。
P1010007_2
P1010009
紙お持ち込みで、箱帙!
素敵に変身!
P1010010
テーマレッスン受講で、
私家版を制作している人もいました。
これにて完成!
P1010011
木曜の夜。完成〜〜
P1010012
マーブルも個性的で可愛いですね
P1010013
そして卒業居残り組…
P1010014
完成!!!
P1010016
マーブルを駆使しました〜
P1010017
P1010018
こちらは、見返し、表紙、スリップ
全て自作マーブルを使いましたっ!!
カッコいいね〜
でもこのお二人、まだやり残した事があるので
卒業証書は渡せません!
明日に期待したいと思います。

2014年3月23日 (日)

第4日曜集中レッスン&卒業式レポ

こんばんは。
植村です。
今日は、なんと、卒業式~
月に1日2コマで2年間の
月一集中カリキュラムレッスンコース
2年前の4月に始まったクラスの卒業です
今日のまるみずの様子
Img_7913_r
卒業式の前にレッスンが一コマあります。
革装改装本のスリップケースづくり
前回の続きです
小口に革をつけたあと
残りは紙を貼ります


その紙貼りの前に
内貼りを・・・してるところ
Img_7914_r
Img_7915_r


そして、本番の紙を貼って
完成です~!!
Img_7922_r
白と青のきれいな
星の王子様
Img_7924_r_2
Img_7925_r
もうひとつ
グレーに黄色がポイントの
星の王子様
Img_7926_r
Img_7927_r
本当に
お疲れ様でした◎




そして、午後は
卒業試験&卒業制作講評会
試験中・・・
Img_7930_r

で、
無事に試験も終了し
卒業制作発表会

お一人の生徒さんは
辞書の改装本!
開きがいいように工夫され
また持ち運びができるように
帙のようにフタ付きという力作です
Img_7932_r


もう1人は志村ふくみさんの改装本
改装本の基礎がしっかりできている上に
きれいな仕上がり!
Img_7933_r
無事卒業です~。
Img_7938_r
Img_7937_r
まるみず先生の生徒さんも卒業式
写真ちらり
Img_7934_r
Img_7935_r
Img_7936_r
卒業生の作品は
しばらくまるみず組に展示されます
ご来店いただけるとご覧いただけます、よ

・・・・
さて、同時進行で
もうひとクラスの振替レッスンをしていました
やわらかい表紙の製本
かがりの多いバージョンです
軸は平ヒモで、フレンチリンクでかがります
Img_7918_r
かがり終わったら寒冷紗をつけて
お昼休み


花布を本文へ編んでつけます   
Img_7928_r
こんな風に5本絹糸が見える感じ
Img_7929_r



そして表紙づくり
Img_7931_r


できました◎
Img_7940_r

Img_7941_r
これでカリキュラムの半分が終了です
一緒に卒業製作発表会を見学しながら
1年後には、同じことができる!
と、不安になりつつも明るい未来?が見えたかと思います。
来月も頑張りましょう~

2014年3月22日 (土)

大詰めレッスン2 レポ

P1010001
レッスン
P1010002
レッスンで作ったマーブルを表紙に使う。
マーブルテーマ:space
中身は星の王子様です!
P1010003
スリップケースづくり。
起毛を内側に使います。
P1010004
丸背の仕組みレッスンに
参加されている方もいました!
可愛いクロスですribbon
P1010005
P1010006
緊張のホットペン作業
P1010007
ジャンっ!
今回、タイトルの色が分かれてます。
こういうアレンジした人は初めてでした!
カッコいいですね〜
P1010008
見返しも全て、レッスンで作った
マーブル紙です。凄いアバンギャルドですよ
P1010001_2
先週の日曜日。
P1010002_2
P1010003_2
完成です!無事に卒制もだしたし、
後は卒業講評会にて。
P1010001_3
そして土曜日。
応用上級生作品です。
やっと完成〜!!!
P1010002_3
辞書です!
P1010003_3
なめらかな開き
P1010004_2
結構なぼろぼろ具合だったのですが、
きれいにまとまりました。
P1010005_2
箱帙。
P1010006_2
ちょっとしたおいたがありましたが…
可愛く完成!!
P1010007_2
シックにまとまりました^^

明日は合同卒業制作講評会。
卒業テストもあります。
どんな会になるか、お楽しみに〜

来月からは新しいメンバーにてまた始まります。
今回20名以上の新メンバーがおりますので、
楽しみですね!
少しだけ空きのあるクラスもありますので、
製本出来る様になりたい!方は是非どうぞ。
マルミズ組は、自分の力で作れる様になる人を
育てています^^
カリキュラムレッスン基礎コース

店頭では、細々と作品展も開催中。
ついでにスタンプラリーもやってます。

お待ちしております!

2014年3月17日 (月)

第三土曜集中カリキュラム〜

こんにちは。ながもりです。

2年間続いた集中カリキュラムも最後の授業となりました。

先週の続きの円背スリップケースです。
革の仕立てから。
小口の革を3mmに合わせて削いでいきます。
Image

続いて天地の丸背の革も削いでいきます。
丸に合わせて削ぐのは大変です。
小さい刃のメスでゆっくり少しずつ削いでいくとうまくいきますよ。
Image_2

削ぎ終わるとこんな感じに
綺麗に削げました。
Image_3

続いて、革の厚みに合わせて紙を貼っていきます。
丸背の部分も紙を貼って厚みの調整をします。
Image_4

続いては最後の仕上げ。
本番の紙を貼っていきます。
周りをくるんだら最後に天地を貼っていきます。
丸背の丸みにも合わせて綺麗に仕上げます。
Image_5

出来上がりです。
お1人目は紺色の革にカリグラフィーの紙を貼った仕上げです。
Image_6 Image_7 Image_8

お2人目はベージュの革に紫と金色の紙を貼った仕上げです。
Image_9 Image_10 Image_11

これで無事に最後の授業は終了です。

最後のランチは遅くなりましたが、
中板橋のカフェプースへ。
美味しいイタリアアンをいただきました。

午後の授業はテストから。
少し勉強の時間を取って、遅めのスタート!

お2人ともなんとかテスト通過。

続いて卒業制作講評会。
今回お1人は卒業制作が再提出となったので、
もう1方の発表です。

卒業制作はこちら。
スリップケースと表紙はご自分で染色した布を使用しています。
スリップケースはむら染めにオオカミの型染めです。
表紙はさらに高度に型染めを2回繰り返して、
オオカミの毛並みを表現しています。
背中のタイトルも寒冷紗を黄色に染めてます。
もともとの本はハードカバーの児童書だったそうで、
表紙のボールを裏打ちするのに苦労されたそうです。
苦労の甲斐あり、とても綺麗に仕上がっています。
Image_12 Image_13 Image_14 Image_15

土曜午前コースの方もたまたまいらっしゃったので、合わせて卒業制作の発表!

無事にお1人卒業証書の授与となりました!

もう1方の卒業制作の再提出を待ちます。

最後の授業後はながもりクラス恒例卒業飲み会。
楽しく飲んで帰りました。
2年間長いようで短かったですね。

これからも製本を楽しんでもらえると嬉しいです。

2014年3月15日 (土)

いよいよ卒業… レポ

P1010001
今月で基礎終了メンバーが10人以上おります。
スリップケース作り、沢山です。
P1010002
こちらは、一時帰国されていた方が
テーマレッスンを受けて、こちらの1冊を
完成させました。背バンドに、表紙にはモザイクです!
P1010003
しかも丸背にもチャレンジ!
P1010004
全部で5レッスン掛かりましたが、
素敵な作品に仕上がりましたね〜^^
P1010005
そしてこちら。上級生の作品。
割と大きいんです。
P1010006
お芝居のパンフレットをひと折りと見立てて
P1010007
のどには上級生ならではの仕組みを取り入れました。
開きやすい!いい感じにまとまりました。
P1010008
こちらは、改装本にするのですが、先ずははがす所から
P1010009
P1010010
カリキュラム制作物、完成です!
スリップも真っ白snow
お疲れさまでした〜〜
後は卒制を出して、テストだけっ
P1010011
こちらは、柔らかい表紙のノート。完成!
これでカリキュラム半年です。
P1010012
個性的な宿題も展示中です。
P1010013
木曜日は夜もコツコツ頑張ってます
P1010014
後少しでこちらも完成だ!
P1010017
今度のテクニカルはこれです。
ちょっと素敵な箱。
Syuri00
修理応用編を5月にやります
P1010115
滞っていた千代紙の仕入れも
細々と再開。先ずは店頭にて。
315円
P1010103
鎌倉彫和紙も仕入れました。
630円

消費税が変わるので、少し商品も入れ替える予定です。

2014年3月10日 (月)

第二土曜集中カリキュラム⑦

笠井です。

和綴じをひたすらやってきた数ヶ月。
今月からは一転、洋製本。
折丁の多いノートづくりです。


教室ではレッスンの先をゆく生徒さんたちが
こぞって使っておりました、かがり台。
未経験の者からするとかがり台には
ちょっとした憧れがあります。
私も初めて習ったときは「ついにキタ!」
と思ったのをよく覚えています。

まずは本文用紙を全紙から切り出す作業。
四六判を8等分し、それをさらに1折8Pになるよう
折っていきます。

Photo1_2

好きなサイズに決めて三方を化粧断ち。
直角を意識して断ちます。

Photo2_2

本日の難関。
目引きのために折丁をボール紙に挟み、
トントンして天側と背側を揃える作業。
あちらを立てればこちらを、といった感じで、なかなか揃いません。
今日はこれだけで終わってしまう…と弱音を吐くなど。
大丈夫、慣れの問題です。折れない心を養います。

Photo3_3

ようやく揃えて手締めプレス機にセット。
目引き位置に直角定規で印を付けて、
のこぎりでシュッと穴を作ります。

Photo4_2 Photo5_2

折丁の1折目と最後の折に見返しを付けたら、
かーがーりーだーいー(ドラちゃんボイス)。

手製本のかがり作業には縦糸を使用します。
この縦糸を軸にして横糸でかがっていきます。
背に軸がしっかり入ることで丈夫な糸かがり製本ができます。
一般的に売られている機械で作られた本にはこの軸がないので、
貴重な作業。とてもたいせつな工程です。

Photo6_2 Photo7_2 Photo9_2

本日の作業はここまで。
本文づくりはまだまだ続きます。
今後いろんな作品づくりで活躍する技術満載の、
折丁の多いノートづくり。
じっくり丁寧に進めていきたいと思います。

では、また来月!

第三土曜集中カリキュラム〜振替

こんにちは。ながもりです。

2月の第三土曜日は大雪で休講だったので、
その振替授業です。

今回は丸背改装本のスリップケースを作ります。
まずは前回完成した本の採寸をして、
ボールを切り出します。

今回は内貼りにスエードクロスをつかうので、
いつものサイズより少し大きめになります。
Image Image_2

内貼りをしたら、ボールサイズに合わせてカットします。
丸背の特徴として天地のボールは丸背に合わせて切り出しします。
Image_3

次は仮組み。
この段階で、組み立ててはサイズ調整をして
ピッタリサイズになるまで繰り返します。
今回は1人3回くらいですかね。

初めに採寸する時に平のボールが湾曲していたことが判明。
どうもしっくり来ないので、反対側に曲げてまっすぐに。
これで背幅がだいぶ変わったので、厚みの調整をしました。
1人は天地サイズもやや大きめだったので、
またもサイズ調整。
ここでのサイズ調整はめんどくさいように思いますが、
しっくりハマるようになるまで、何回もやり直すと
とても綺麗な仕上がりになります。
まだやるの〜?と言われてもやりますwww
Image_4 Image_5

今日は11時からのスタートだったのですが、
お腹が減ったということで、終わってませんがご飯です。

ますみずから中板橋に向かう途中にあるときわ食堂にいきました。
安くてボリュームありなので、オススメですよ!

続いて小口の部分をヤスリで削って滑らかにしていきます。
今回は小口に革を貼りますので、その厚み調整の意味もあります。
Image_6

続いて革を貼っていきます。
まずは平のボールの小口部分に貼ります。
厚みを削いだ部分を内側に貼ります。

続いて小口の天地の丸背部分にも革を貼ります。
曲がっている部分に革を貼るはなかなか難しいですが、
ボンドオールをよく染み込ませるように塗って革を柔らかくすると
貼る時に革が伸びて貼りやすくなりますよ。
まずは内側を合わせて貼って、外側からいらない革を引っ張って、
端5mmが外に出てもいいように綺麗に整えます。
Image_7 Image_8

ここまでできたら、本組みです。
ボンドを付けてしっかり貼って組み立てていきます。
天地部分は平の余った革も貼り付けていきます。
Image_10 Image_11

続いて、外側のいらない革をメスで削いでいきます。
Image_9

今日はここまで〜。
出来上がりがこちら。
お1人目は赤い内貼りに紺色の革。
Image Image_2

お2人目は紺色の内貼りにベージュの革。
Image_3 Image_4

来週はこのスリップケースを仕上げて午後は卒業式です。
お2人とも無事に卒業できますように。


2014年3月 8日 (土)

大詰めレッスン レポ

P1010001
木曜日の完成品は
P1010003
こちら!
いよいよ星の王子様も最終作業に突入です。
P1010001_2
土曜日、カリキュラム生こちらも
本完成。
P1010002
本日、ナガモリ先生クラスに
笠井先生クラスが一緒でした。
P1010003_2
マルミズクラスはこんな単発制作の方も
いらっしゃいました。透かして眺める作品。
P1010004
ながもりせんせいクラスは来週卒業式です。
P1010005
マルミズクラスではへらけずり
P1010006
ちまたでは話題のあまに油をしみ込ませます。
P1010007
午後、光る本が出来ました。
P1010008
開いてもきれい。
P1010009
幻想的ですね
P1010010
夜、箱帙をつくります。
P1010011
P1010012
綺麗に出来ました〜〜!
これにて改装本に突入ですっ!

2014年3月 4日 (火)

4月まで後少し レポ

P1010001
日曜日の午前、割と人が居ました。
今日は単発参加のひともおりました。
P1010002
土曜日に裏打ち、日曜日にひと折り中とじ完成です!
かわいいっ
P1010003
こちらもひと折り中とじですが、
柔らかい表紙バージョンですcat

2014年3月 1日 (土)

おひさしブログ レポ

P1010001
月末にかけて猛烈に多忙だったまるみず、
久々のブログアップですみません(*´Д`*)
本日土曜日、いいよいいよと受付していたら
午前中は驚愕の10名…しかも作業がバラバラ…
なんとか進行してくれ!という願いのもと
始まりました。
P1010002
完成した作品。今日、ペアでご参加の丸背。
可愛く出来ました〜scissors
かがりもスイスイ出来ていたので、良かったです。
P1010003
そう、本日1日も箔押し所で体験会をしているのですが
発注組の作品が戻って参りました!
この場にいた皆で品評会。
やっぱり、素材から作った思い入れのある本って
良いですね。皆の宝になりました。
後日店頭で飾る予定です。
P1010004
本日の完成作品。
柔らかい表紙。
P1010005
花ギレも縫い付けました。
丁度植村先生クラス(月一)も同じ事を
やってましたが、ここからうちらのクラスは
(毎週クラス)追い抜いてしまう訳です。
P1010006
写真でふんわり感は出てますでしょうか?
ふんわり仕上げるには、ちょっとしたコツが必要です。
それを基礎コースでは学びます。
これで前期(半年)は完了です。
そのことを言うと、「えっ!もう半年!」と
ビックリしていました。そう、意外と早い
カリキュラム。どんどん新しい事を体験して行くので
早く感じると思います。
P1010008
こちらはいちからつくるたびの
革のタグ。
参加者ノベルティーとして、
特別に渡す予定です。
なかなかかっこ良く出来ました。

週明けの4〜5日は金谷ホテル。
明日は雪って言ううわさですが…
行ける事を祈ります。

第一土曜集中カリキュラム

今日から3月!
でも、寒い!
昨日は暖かかったのに・・・。
こんばんは、植村です。
第一土曜集中カリキュラムは
いよいよ前半が終わりです。
先月見返し貼りまでしてあった本文をかがっていきます~。
やわらかい表紙の折り丁の多いノートづくりです。


今日のまるみず、午前中は生徒さんどっさり。
Img_7639_r


フレンチリンクという、軸の平ヒモにひっかけながら
かがっていく、丈夫なかがり方です。

Img_7641_r


Img_7640_r_2


ふにゃふにゃになりやすいので、
しっかり軸を縦に引っぱりながら。
丁寧に行い、寒冷紗を貼ったら
午前の部は終了。


午後。
乾いた寒冷紗をカットし花布をつけます。
ここまでは、いつもの工程と同じ。
今日は、そのボンドでつけただけの花布を
本文に綴じ付けます。
ちょっとかわいく、そしてしっかりと花布が付ます。
Img_7644_r
こんなかんじ
Img_7645_r
花布の縫い付けが終わったら
クータをつけて
表紙をつけて完成!
Img_7646_r
花布は、このようなポイントに◎
Img_7647_r


カリキュラム前半、お疲れ様でした。
来月からは後半戦。
ヘラの仕立てから入ります。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »