« 第1土曜集中カリキュラム | トップページ | カガリ台の日 レポ »

2016年7月10日 (日)

第2日曜集中カリキュラム〜

こんばんわ。ながもりです。

集中カリキュラムも大詰め。
ラス2の授業となりました!

今日は丸背改装本のスリップケース制作です。
革装丸背にふさわしく、小口に革をつけた豪華仕様です。

お一人は前回の続きでスリップケース用の革の仕立てです。
Image

革の仕立てが終わっていた方はサイズの測定。
ウースの上から測るのと実寸が少し違うなどもありますが、
サイズはしっかり測ります。
Image_2

測ったら、サイズを計算してボールの切り出しです。
今回は仮組みを何回もしてぴったりサイズにするので、
はじめは少し大きめサイズです。
切れたら、内貼り。
今回は起毛クロスで豪華な装丁ですよー。
Image_3

内貼りができたら、ボールぴったりサイズに切り出します。
ここで少しでもはみ出すとうまく貼れないので、しっかりボールと同寸に切ります。
クロスを貼っていない方から見て、裏打ち紙が見えないようにしましょう!
Image_4

内貼りが貼れたら仮組み1回目
天地、小口のサイズを合わせて印をつけ、
一旦バラしてボールを切り出します。

仮組み2回目
小口の幅を再度確認、丸背部分の丸みに印をつけます。
そしたら、またバラして印に合わせて切り出しします。

仮組み3回目
全体のサイズがあっているかなと確認します。

全部のサイズが合ったら、ボールの角をヤスリで削ります。
これは革を貼った時の厚み調整と革が小口に沿いやすくなるからです。
Image_5

小口天地のボールでも、丸みをつけた部分にやすりをかけたら
午前の授業終了!

今日のランチはときわ台の一声へ。
天麩羅定食。美味しかったです。
Image_6


午後の授業はスリップケースの小口革の貼りこみです。
このスリップケースは本組みまでに色々な工程が待ってます。

まず平ボールの革を貼る部分の内貼りを剥がしていきます。
革にボンドを塗って貼りこみます。
Image_7

薄くすいた方がスリップケースの内側になるよう
起毛クロスとの間に隙間がないように貼って、
表側に空気が入らないようにずれないように注意して貼っていきます。
Image_8 Image_9

次は丸みをつけた天地ボールも同様に。
起毛クロスを剥いで、革を引っ張りながら丸みに合わせて貼ります。
外側は2、3mmの表に出る部分はシワがないようにし、
あとは適宜引っ張ったりしながら貼り付けます。
Image_10

革を貼ったら表紙側の厚み処理です。
3mm残してあとは薄く革を削いでいきます。
Image_11

天地部分は結構革が余っているので、結構削ぐのが大変です。
削ぐ前と削いだ後です。
Image_12Image_13

削いだ後がこちら。
本日の出来上がりです。
Image_14 Image_15

次回は表紙の埋め立てと本番表紙貼りで、完成!
午後は卒業テストと卒業制作講評会です。

いやー残り1回になりました!
卒業制作頑張りましょう!
提出は8月20日締め切りですので、遅れのないようにお願いします。


« 第1土曜集中カリキュラム | トップページ | カガリ台の日 レポ »

製本教室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1725830/66441858

この記事へのトラックバック一覧です: 第2日曜集中カリキュラム〜:

« 第1土曜集中カリキュラム | トップページ | カガリ台の日 レポ »